医療レーザー脱毛の副作用とは?

医療レーザー脱毛で考えられる副作用

スムーズに全身脱毛を完了させる方法として医療レーザーを利用している方は多いですが、医療レーザーは照射威力が通常のフラッシュ脱毛に比べて高いので、デリケートな部位のお手入れに使用すると肌質によっては、副作用として一時的に肌に赤みが出てしまったり炎症を起こしてしまう危険があります。
クリニックでは施術の際に火傷などを起こさないように、医療レーザー脱毛を行う際にはパッチテストを行っているので、安全かつスムーズに施術を行うことが出来るメリットがありますが、肌のコンディションが悪い時などに無理にケアを受けてしまうと人によっては毛膿炎やニキビの症状が出てしまう危険がありますので、施術を受ける際には自分で肌のコンディションを確認することも大切です。

医療レーザー脱毛にありがちなトラブルとは?

医療レーザー脱毛にありがちなトラブルとして打ち漏れや火傷などの症状があげられます。打ち漏れはその名の通り、照射しなかった部分だけムダ毛が残るため再照射が必要になります。また、火傷は 医療レーザー脱毛の熱によって皮膚がダメージを受けるため起こる副作用のようなものです。ですがこれらはクリニックでも対策がとられており、再照射を保証内容に組み込んだり、テスト照射を行ってから 医療レーザー脱毛を行ったり、アフターケアを行うなどしています。そのため、このようなトラブルは少なくなっていると言えます。
永久脱毛ができる!新潟の安い医療脱毛口コミランキング2017

医療レーザー脱毛後は副作用で汗の量が増える?

ワキの医療レーザー脱毛の施術を受けた後はワキ汗が増えるという口コミや副作用でワキガになるという口コミがありますが、これは全て勘違いで汗を留めるムダ毛がなくなりますので汗が増えたような気がしますが汗の量は医療脱毛の前後で変化することはありません。感じ方として汗が増えたような気がするというだけで量は変わりません。そのため、汗の量が増えると言う説や、ワキガになると言う説は全て間違いだということができるのです。

医療レーザー脱毛後にしたいアフターケア

ツルツルの美しい素肌を手に入れるためにも、人気になってきているのが美容皮膚科クリニックなどの医療機関で受けることが出来る医療レーザー脱毛です。一般的なエステサロンとは異なり、医療機関でしか利用することが出来ない医療レーザーを採用しているので、ムダ毛に含まれているメラニン色素に反応して照射されるため、万が一日焼けをした肌に照射してしまうと、副作用として肌の一時的な赤みや腫れなどを起こしてしまう可能性がありますので注意が必要となります。
また脱毛後に行うアフターケアとして、必要になってくるのが肌を休ませることなので、肌を温めるお風呂やサウナは出来るだけ避けて、冷却パックや冷やしたタオルなどで施術部位を冷やすのも効果的です。
レーザー脱毛 青森 安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です